4月になりました

とうとう4月になっちゃいましたか。

早いもんですなぁ~

新入社員に新入生。
初々しいです。
被災地でも出来る限り、卒業式やったりなんだりしてるようで。
早く新しい環境で学校に通えるようになるといいんですが。

私も小さい頃に実家が火事にあって、勉強道具から何から無くなって
しまったんですが、学校から鞄や文房具や教科書一式を頂きました。

今回の被災で避難して来た人達にも、勉強道具とか色々配布されてる
みたいです。

助け合いってのは大切ですな。

学生さんはまだいいとしても、新社会人になろうとしてた人は最悪な場合、
内定取り消しとか、就職しようとしてた会社が倒産とか、それどころか
社屋ごと流されて無くなってしまった。なんて事もあるでしょうね。

かと言って、他の都道府県に移住したからってすぐに就職できる訳でも
なく...
地元の人だって就職口無くて困ってる時代...

混迷を極めてしまいますなぁ~

農家や漁業関係者で、被災した地元に残って再興するんだって頑張ってる
人も多いと思うんですが、港の整備にも畑から泥を取り除くにも、相当な
時間がかかるでしょう。
というか、その前にまず瓦礫の除去やらなにやらで、それどころじゃ無い
だろうし。

復興作業とか事業って、どこがやるんですかね。
地元の人だけって事は無いだろうし。
国から自衛隊とか土建屋さんとか派遣されるんだろうか?
とりあえず瓦礫除去して更地して、電柱やら橋やら作ってインフラ整備しないと、
復興計画も進まないでしょうし。
そうなると数ヶ月どころか数年単位になるんですかね。

特に水田はもう使い物にならないでしょうから、何年ももう稲作は出来ないん
だろうな。

福島は米どころでしたが、去年は北海道のお米が日本一に輝いたらしいので、
なんなら農業関係者も酪農家も漁業関係者も、みーんな北海道に来れば
いいのだ。

しばらく東北太平洋側の生産は落ち込むんだから、他の地域に需要が増大
するの目に見えてるんだし。
北海道はまだまだ土地余ってるし、酪農も農業も漁業も米作もぜーんぶ
やってますよ。

札幌だって日本有数の都市だから、それほど田舎臭くないぞ。
てか、降雪都市では世界一なんだぞ。
東京ほどゴミゴミしてないけど、仙台より都会で、自然と調和してるし。

北海道の産業に加わって、盛り上げてくれないかなー
そんでそのまま居ついてもらってもいいし、生活できるようになって蓄えが
出来たら東北に戻って復興の手伝いしてもいいし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック