原発はもはや過去の遺物なのか

先日、福島第二原発で火災があったと報道がありました。

発火場所は配電盤だったとか。

なんでこのタイミングで配電盤なんかから発火するんだ?
と不思議に思ったものです。

こんな記事があったので、ふと気になって調べてみました。

不透明な福島原発 運営、監督、管理の一体化が問題

福島第一原子力発電所の1号機が1967年着工。
同第二の1号機が1975年の着工だそうです。

第一なんて40年以上前の施設って事ですよ。
マジすか。
1970年前後って、まだパソコンも無かった時代ですよ。

そういえば制御室の写真とか何度かテレビで出ましたが、液晶画面の
一つも無かったような...
それこそ80年代SFに出て来そうな機械群でしたな。
随分古臭いなーとは思ってたんですが。
そういう事でしたか。

第二で配電盤から出火ってのも、色々なものがもう劣化してるんだろうな。
10年以内にはあちこちの原発で劣化による些細な事故が頻発しそう
な気がする。

今回の事故で福島第一の1~4号機は少なくとも廃炉になるのは確実
だろうけど、問題は全国、全世界的に原子炉廃炉の動きが加速しそう
だよなー

既に大手家電メーカーは水力発電の合弁会社設立に動いてたり、
海外の太陽光発電に関する会社を買い取ったりしてるらしいし。

比べ物にはならないかもしれないけど、40年前の自動車と、最新の
プリウスと比べたら、昔の車なんか幾ら手入れしてても最新の車には
敵わないもんな。
全ての面において。

制御室に使う機械類だって、ゲームウォッチとDSくらいの差があるだろうし。

原子力を扱う分野が世界最高峰の最新技術だと思ってたら、もうとっくに
時代遅れなのね。

40年前って言えば、水銀でも工場排水でも車の排気ガスでも生活排水でも
なんでも垂れ流して当たり前って時代だったしな。

40年前に現役バリバリの若手社員が居たとして、今じゃ定年って感じでしょ。
機械でも部品でも、耐用年数はあるし、時代に即した技術かどうかって
のもあるし。

もうあと20年以内には全世界で廃炉に向かうだろうな。
でも廃棄物を処理する方法が無いんだよなー




日本を滅ぼす原発大災害—完全シミュレーション
風媒社
坂 昇二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本を滅ぼす原発大災害—完全シミュレーション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


東京原発 [DVD]
GPミュージアムソフト

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京原発 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック