最近は整形してる人が多いねー

女優さんはあんまり居ないけど、アイドルなんかは整形してる人が
多くなって来ました。

て言うか、業界がもう、整形ありきって感じになって来てるんじゃ
なかろうか。

普通の子をスカウトしておいて、ここいじれとか、あそこ整形しろとか
事務所が口出すのかもしれない。

まぁ予想だけど。

もちろん、自主的に整形してからオーディション受けたりスカウトされ
たりする人も多い事でしょう。

最近は整形外科なんて重苦しい名前じゃなく、なんとかビューティークリニック
みたいなお洒落な名前で、院内もエステサロン並みになり、料金も
事前に分かったりするので、気軽に入れるんですかね。

マスコミやCMなんかでも、みーんなやってるっぽい事言って洗脳してるし。
じゃぁ私もちょっとやってみようかな。とか、娘にやらせようかな。とか
思うんだろうな。

あれって、本人達は気付かれてないと思ってるんだろうけど、カツラの
おっさん並みに、気付かれてたりするんだよね。

特に人間の体ってのは、切ると中で組織が癒着するから、年数たつに
連れて、ひき吊れて来ちゃうんだよね。
年を取って筋力が衰えて来ると、シリコンがズリ下がって来たり。

そもそも異物を体内に置いとくので、拒絶反応が出る人もいるし、
古くなったら取り替えなきゃいけなかったりするらしい。
古いタイプのシリコンだと、経年劣化で体内に悪影響が出るものも
あるっていうし。

長年、色々な人間の顔や体を見ていると、整形した人ってのは人間に
見えなかったりする。
「寄生獣」じゃないけど、お前、あれが人間に見えるのか?ヒィーって
感じである。

特に美術やってたり、人間の顔や体を描く事が多い人は、よく観察して
人間としての造形パターンを記憶してるから、整形してる人を見ると
違和感を覚えるんだよね。
あれ?そこなんか違わね?って。

最近じゃぁ10代前半や後半にもう整形して、アイドルデビューして、
20代過ぎたら整形の跡が見え隠れしちゃう人もいるし。
見る角度や表情によって、整形跡(手術跡じゃなくて)が見え隠れしたり
する人もいる。
普通の筋肉や骨格じゃ、そうはならないでしょ。っていう顔になったり。

まぁ本人の自由っていやぁ自由なんだけどね。
整形しようが性転換しようが。

ただ、後々のリスクってのを医者が説明してなかったり、医者自体が
知らなかったりするケースもあるんだろうな。

大きな病院の外科医とかなら、研修したり、他の先輩に相談したり、
優秀な看護師が居たりするんだろうけど、街のクリニックとかだと
ちょーっと危なそうだよね。

そもそも医者なんて、免許さえ取れば、翌日から開業できるんだし。
筆記試験用に勉強はしたけど、実技は初めてって人でもお洒落な
クリニックで今日から院長ですって事も可能な訳だし。
麻酔扱った事も、メス握った事も無くても、いきなりお客さんに麻酔
したり切ったりしていいんだもんな。

怖っ

築地でバイトして魚の名前覚えたから明日からフグ専門店開きます。
魚さばくのは今日が初めてーみたいなもんだな。

新しい技術や機材や後遺症なんかも、論文やネットで知って、すぐ
次のお客さんから使ってみよう。ってなもんでしょ。

なんか、プラモデルの設計図読んだから明日から見ないで作って
みよう、的な。

そんな風に考えると怖いなー
たまーに死亡記事とか出るしなー
麻酔の量間違ったとか、切っちゃいけない所切って出血多量で死んだ
とか。

大病院だと、積極的に新しい技法とか、論文読んだりして取り入れたり、
他の医師の手術を見学したり、人体以外で練習したり、先輩から話を
聞いたりできるんだろうけど、個人開業のクリニックじゃねー
そういう環境は無いだろうし、人によっては古いやり方のまま何十年も
やってたりするだろうし。

そういう意味では開業医の眼科とか歯科なんかもそうだな。
あれも筆記試験受かったら開業できる系だしな。
自分も前に歯医者行って、若い医者が歯茎に麻酔打ったら、量が多くて
喉の筋肉まで麻痺しちゃって、呼吸困難になったかんね。

背骨のすぐ脇にニキビができて、それが一旦つぶれたんだけど、その上に
新しい皮膚ができちゃって、ニキビの根っこが皮膚の下に埋もれてしまって
更に下方向(体の内側)に成長しちゃったもんだから、神経を圧迫して、
左の首から腕から腰付近まで痺れて痛かった事があったんよね。
自分じゃ手が届かないから、仕方なく大きい病院の内科に行って
事情を説明して、ちょこっとメスか何かでニキビの上の皮膚を切開して
膿を出して下さいって言ったら、その医者も若かったんだけど、めっちゃ
オドオドして尻込みしちゃって、それはできません、と。
聴診器あてたりして、異常は無いので、しばらく様子を見て下さい。
念のため痛み止めと風邪薬出しときますから。と来たもんだ。

他にも医者エピソードはあるけど、医者って言ってもピンキリなのだ。
もちろん優秀な医者もいるんだけどね。
どんな人にあたるかは分からない訳で。

とにかく、今は整形に関する規制も緩いから、ファッション感覚で髪の色
を変えたり、カラーコンタクト入れたり、ネイルアートしたり、タトゥーいれたり
するのと同じ感覚で整形しちゃう時代だからねー

自分は整形して見た目を一時的に良くしたって、子供には元の自分の顔が
遺伝されるのになー

それに年がたつに連れて、後遺症が出たり、引き吊れたり皺になったり、
整形前より酷い事になるのに。

あと数年もすれば、もうちょっと規制が厳しくなるんだろうか。
それとももっと緩くなって商業的になって、医師免許なくてもプチ整形できる
ショップとか出て来るんだろうか。

怖い怖い。

ぶっちゃけ、バレバレなのに。



整形外科ペインクリニック
克誠堂出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




プチ整形で心も輝く—クリニックへ行く前に読む本
二見書房
根岸 圭

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

整形外科ペインクリニック
克誠堂出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック