マルマルるるるー

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコチン依存症?

<<   作成日時 : 2017/06/16 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近年、禁煙がブームのようになっていて、TVCMでも平気で禁煙を
うたうようになりました。

十数年前なら考えられないような事だったんですが。

CMスポンサーに現JTがいる以上、タバコを売るCMはバンバン
流せても、まさか禁煙を訴えるCMも並行して流すなんて、
ありえなかった訳です。

が、世間的に禁煙や分煙が口にされるようになって来たので、
今度は医療業界が動き出します。

アメリカでは日本とは比べ物にならないくらい、法的にタバコの害は
規制されているので、日本の医療業界も、禁煙ブームに乗っかれると
判断したんでしょう。

禁煙外来なるものを作って、医療分野の拡大を狙い、病院で禁煙できますよ
的なCMをうつようになります。

CMで目にする人が増えれば、禁煙する方が世のスタンダードなんだと
思い込むようになりますし、患者も急増するという訳で。

日本の医療学会は政府の下部組織にはなっていないので、政府の傘下企業
であるJTみたいに国から擁護されたり圧力受けたりしませんから、
JTとは対立する事が可能な訳ですな。

JTより高いスポンサー料出して、世論も味方に付ければ、TV局側も
タバコのCM減らして禁煙外来のCM増やそうってなる訳です。

自然な流れとも言えるし、作為的とも言える。

しかし、1つ落とし穴があって、癌がステージ3とか4とかまで行くと、
まず病院で完治させる事が不可能なのと一緒で、ニコチン依存症も
病院では治せません。

タバコを吸わないように指導するけど、ニコチン自体は別の方法で摂取
させるとか、半分インチキに近いような治療だったりした事もありました。
今でもそうかもしれないけど。

治療と称すれば、たくさんお薬売れますしね。

WHO(世界保健機構)では、ニコチンの中毒の強さは、コカインやヘロイン
と同等かそれ以上と発表されています。

ただ、覚せい剤ほどの幻覚幻聴作用が無いので、薬物ではなく、毒物の
ジャンルに分類されているだけ。

薬物じゃないので、薬物取締法違反にあたらないから、政府公認で製造
販売出来るんですな。

でも、中毒の強さは覚せい剤と同じ。

つまりは、ニコチンジャンキーになったら、治療なんか不可能って事です。

一旦、抜け出したように見えても、脳に刷り込まれた習慣や快楽物質を
出す条件反射は無くならないので、また吸うようになるのがオチ。

それでも禁煙外来に通っている間は、治療中という事に出来るので、
お医者さんは楽して儲かるって事ですな。
もちろん製薬業界も。

たぶんですが、政府は世論的に尻すぼみなタバコ業界からの税収よりも、
医療業界や製薬業界からの賄賂的なものにシフトしたんじゃないでしょうかね。

そういう頭が働くなら、原発利益から自然エネルギー業界へシフトすれば
いいと思うんですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコチン依存症? マルマルるるるー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる